参拝の後はビール片手に露店巡りが楽しい

福岡市東区の湾岸沿いにある筥崎宮は、西暦923年から1000年以上もの歴史があり、日本三大八幡宮にも数えられる由緒正しい神社である。

浜辺から長い参道が続いており、広大な境内を持つ筥崎宮では、1年を通して様々なお祭りや催し物に多くの人々が足を運び賑わう。

正月の初詣には50万人もの人出があり、福岡県内では第3位の参拝者数。

多くの人出と、100軒の以上の露店がならぶ境内は、混雑はしているものの歩行に難がある程ではなく、焼鳥・イカ焼き・タコ焼き・はし巻き・人形焼き等の食べ物から、くじ引きや手相占い等の娯楽まで、様々な出店や賑やかな雰囲気を楽しめる。

正月といえば、個人的に「気兼ねなく酒が飲める」という勝手な思い込みがあるだけに、ビールを片手に露店グルメを堪能するのは至福の時間である。

露店で酒を購入すると、若干高くつくので、近くにあるコンビニで飲物を買っておくのがオススメ。

ビールに飽きて来たら、焼酎や酎ハイ等を販売している露店もあり、ついつい長居してしまうので、三社参りを検討している人であれば、最後の三社目に筥崎宮を参拝するのがベストである。

博多三大祭り「放生会」をはじめ、通年様々なイベントや行事で賑わう神社

正月の玉せせりや、4月あじさいまつり・7月七夕祭・8月夏越祭など、通年お祭りや催し物で多くの人が足を運ぶ筥崎宮。

中でも毎年9月12日~18日に開催される「放生会(ほうじょうや)」は「博多どんたく」「博多祇園山笠」と並ぶ博多三大祭りのひとつに数えられており、7日間で約100万人もの来場者が集まる賑やかなお祭りである。

放生会は日本各地の寺院・八幡宮で開催されている祭りで、通常は「ほうじょうえ」と読むが、筥崎宮に限っては「ほうじょうや」と読む。

様々な生き物の犠牲の上に成り立つ我々の生活に、感謝の気持ちを捧げるとともに、あらゆる生命の霊を慰めるという意味の込められたお祭りである。

正月と同じく多くの露店が並ぶお祭りで、お化け屋敷や金魚すくい・新ショウガを販売する露店などが軒を連ね、初秋の福岡の風物詩といえるお祭りだ。

例に漏れず、ビール片手に露店巡りを堪能するのは、毎年恒例の初秋の楽しみである。

記事作成:米俵 飯男

所在地・アクセス

所在地:福岡市東区箱崎1丁目22-1

電話:092ー641ー7431

アクセス:(自家用車の場合) 都市高速 東浜出口から約5分
※年末年始の12/31~1/3と、放生会期間の9/12~9/18は一部道路で交通規制がある上、周辺道路もかなり混雑するので、公共の交通機関利用がおすすめ

(公共交通機関を利用の場合) 地下鉄 筥崎宮前駅から徒歩3分