嫌みのないオシャレな内観と、超絶旨いクボカリーがオシャレ女子に人気炸裂

福岡のみならず、県外まで名を轟かす福岡スパイスカレー界の代表格「クボカリー」

元は南区の大楠に店を構えており、2018年11月に2店舗目となる大名店オープン。

飲食店における昨今の人手不足は深刻で、クボカリーも例に漏れず、大楠店は現在も休業中。
(2019年8月現在)

 

妥協のないこだわりのカレーを出す店だけに、いち早く大楠店も復活して、多くの人に幸せを供給して欲しいと願う。

それはさておき、木造アパートの1階にある趣き深い大楠店と若干異なる大名店の内装。

 

打ち放しコンクリート壁の都会感を臭わせる無機質な雰囲気の中、白木のカウンターやテーブル・釣り戸棚は温かみがあり、そのギャップがオシャレ女子の心をまず鷲掴みにする。
カウンターの立ち上がり壁の藍色のタイルが、お世辞抜きにオシャレで、女子ウケ間違いなしな感じに嫉妬してしまいそうである。

 

ましてやテキパキとしていて笑顔の絶えない接客が素敵で、カレーも超絶旨いとくれば人気が出ないはずがない。

メニューは「クボカリープレート 1080円」1択で勝負。

もち黒米をブレンドして炊いた御飯は、鮮やかな薄紫色をしており食欲をそそる。
弾力のある食感と独特の甘い香りがスパイスと調和しており、考え抜かれて選ばれた食材に脱帽である。

ルーはスパイシーチキンカレー・とり軟骨ネギ炙りキーマ・サンバル(南インドの豆と野菜のカレー)の3種を1度に楽しめるシステム。

凝縮された鶏の旨味とスパイスのアクセントが際立つチキンカレー、ゴマ油と焼けたネギの香りが食欲を無限にさせるキーマカレー、優しく素朴な味わいのサンバル。

3つの異なるカレーはバランスが完璧で、店主の努力と研究が垣間見る、他では味わえない逸品である。




追いパク(パクチー大盛り)でよりエキゾチックな味わい

クボカリーを鮮やかに彩るトッピングたち。

中でもクボカリーとパクチーの相性は抜群で、スパイスの味わいをより深いものにしており、実はパクチーが苦手(笑)な私でも必要不可欠なトッピングである。

オプションでパクチー大盛り(+50円)にも出来るので、パクチーが苦手な人も是非チャレンジする事をオススメしたい。

無論、彩りが増し、インスタ映えも間違いなしである。

記事作成:米俵 飯男

お店の場所

「クボカリー 大名店」

住所:福岡市中央区大名1丁目4-23 ロワールマンション大名101(地下鉄 赤坂駅から徒歩5分)

電話:092ー732ー3630

営業時間:11:00~20:30(LO 20:00)

店休日:不定休

とんかつ凡平、クボカリー監修カツカレー

六本松とんかつ凡平では、クボカリー監修のカツカレーが食べらえる

 

とんかつ人気店で休日には、行列のできるとんかつ凡平のカツとクボカリーがコラボ

極上のカツがのったカレー

とんかつ凡平とクボカリーコラボ

福岡市中央区六本松人気のとんかつ屋、とんかつのポーク凡平テイクアウト