柚子胡椒と良く合う博多一口餃子

福岡市内に数店舗ある「テムジン」は、福岡市民なら誰もが知っている餃子居酒屋の老舗。

その中でも本店は、大名地区の人通りの多い路面に店を構えており、いつも多くの客で賑わっている。

謎のキャラクターが描かれたオレンジ色の電光看板と赤提灯が、哀愁漂う雰囲気を醸し出しており、いかにも「大衆居酒屋」といった門構え。

店内は、カウンター席・対面カウンター席・テーブル席・座敷と広め。

カウンターの席数が多く、一人飲みの客も多い為、気軽に入りやすいイメージ。

テムジンの餃子は、餡が豚肉ではなく牛挽肉を使用しており、独特の野趣があり、旨味と肉汁たっぷり。もっちりとした皮で包んで焼き上げ、酢醤油と柚子胡椒でいただく。あっさりと爽やかな柚子胡椒の香りと辛みが、餡の旨味を引き立てており、無限に食べれそうな気分になる。

最初のオーダー時に「餃子何枚焼きますか?」とスタッフに尋ねられるのだが、控えめにオーダーすると椀子餃子状態を招くので、1人当たり2皿くらいは餃子の確保が必要と思われる。

食事のメニューは、餃子以外にも多数あり、餃子のお店というだけに、回鍋肉などの中華料理寄りのメニューもあるが、「本格中華」というよりも、「日本風中華料理」といったほうがしっくりくる。

豚足塩焼き・牛サガリの特製タレ炒め・ニラ肝炒め等、いかにもお酒に合いそうなメニューが多く、「シメのお料理」なるカテゴリーのメニューが用意されているくらいなので、お酒を飲みながらの食事という設定でメニューは構成されているようだ。

ドリンクメニューは、焼酎が十数種類と取り揃えが多く、ボトルキープも可能(3000円~)。その他ビールをはじめ、カクテル類・梅酒・ソフトドリンク等、豊富なメニュー構成なので、お酒の飲めない人や男女問わず楽しめそうだ。

賛否両論ありますが、コレも博多の味なのです

上記にもある通り、牛肉を使用した独特の野趣と、皮もパリッとというよりもっちりとしているんで、好みは分かれがちなテムジンの餃子。

「あまり好みではない」という声を耳にする事も少なくないが、数ある餃子専門店で、味や焼き方・食感に特色があるのは当然なのであり、私はテムジンの餃子と瓶ビールのコンビは最強だと思う。

もし地元の人ではなく「せっかく福岡に来たので、地元感のある店で食事をしたい」という気持ちがあるのならば、テムジンも候補の一つに入れて欲しい。

好みはあれど、これも博多独特の味わいなので、観光と思って楽しんで頂ければ幸いです。

ちなみに、TV等のメディアでの露出と、地元の人気店と言う事もあいまって、ピークタイムは混雑が予想される為、電話で問い合わせをしてから来店するのが無難。

お店の場所

「餃子のテムジン 大名本店」
住所:福岡市中央区大名1丁目11ー4(地下鉄赤坂駅から徒歩7分)
電話:092-751-5870
営業時間:17:00~2:00
店休日:火曜日