40年以上続く「博多の大衆酒場」を体感出来る うどん居酒屋

西鉄福岡駅から国体通りを博多方面に進むと右側に、「弥太郎うどん」とデカデカと書かれている黄色い看板が見える。
どこにでもありそうな古風で趣のあるうどん屋の店構え40年以上続く「博多の大衆酒場」
地下鉄七隈線から天神南下車。

コシはないけどもちもちの麺が博多うどんの特徴。
昆布の効いた出汁をよく吸った優しい味わい。
博多うどんの強豪店?にも引けをとらない品質のうどんを提供している人気店。

そんな高品質なうどんを提供してくれる同店だが、夜な夜な店内に入ると、多くの人で賑わっており、皆何かしらの酒を片手に晩酌を楽しんでおり、うどん屋というより博多の大衆酒場の飲み屋。

「弥太郎うどん」
「弥太郎うどん」

L字のカウター席・小さなテーブル席が2つと、こじんまりとした店内は、歴史を感じる昭和感が滲み出ており、最近の「お洒落なうどん居酒屋」では出せない趣がある。

客層は、仕事帰りのサラリーマンや、カップル、中洲からの流れではしごして来たと思われる酔客などなど様々で、活気というより「哀愁」といった雰囲気が漂っており、どこか居心地が良い。

一品料理のメニューは、厨房の中の冷蔵庫に貼り出しており、豚足や手羽煮・塩鯖・ししゃもと肉や魚の料理から、キムチ冷奴や酢もつ等の軽めのつまみまで豊富にある。おでんも数種用意されているので、その日の気分に応じた飲み方が出来るのが酔客を虜にしている由縁の1つと思われる。

ちなみに一品料理の価格は表記されておらず、若干不安になるところだが、程よい酔い加減と満腹感でザックリ2000~3000円くらいの会計(もちろん個人差あり)なので、かなりリーズナブルなのも嬉しい限りである。

弥太郎うどん営業時間

中洲地区から近い場所にあるからか、店休は日祝との事だが、看板には24時間営業の記載があり、実際深夜でも食事や酒を楽しめるのが嬉しい。

しかしながら、店前を通りかかると、たまに店が開いてない事もあるので(営業時間が変わったのかは不明)確認してからの来店が無難である。

どのサービス業にも言える事だが、24時間営業という過剰といえるサービスで頑張っているお店は尊敬に値する。そうでなくても営業時間を長くする努力は素晴らしい限りで、弥太郎うどんの様な、良心的で営業努力を怠らない店が、長く繁盛して欲しいと願うところである。

お店の場所基本情報

弥太郎うどん
所在地 福岡市中央区渡辺通5丁目1-18(地下鉄天神南駅から徒歩5分)

営業時間 24時間営業(要確認)
店休日:日祝

六本松 うどん和助本店 はみ出すごぼ天 麺とこだわりのダシ。

あわせて読みたい記事