ハッピーアワーがとにかくお得

熊本発祥の「餃子屋 弐ノ弐」は、福岡でもお馴染みの餃子居酒屋。

今泉店は、薬院と大名を結ぶ「上人橋通り(しょうにんばしどおり)」沿いにあり、連日行列ができる程。数多く立ち並ぶ飲食店の中でも一際抜き出た盛況ぶりをみせている。

台湾の大衆酒場の様(あくまで主観)な、エキゾチックな店構えが、夜の始まりの高揚感を煽る。

メニューは、焼き餃子・水餃子・汁餃子をメインに、春巻き・エビチリ・ピータン・麻婆ナス等の中華主体の構成となっており、かなりの品数があるので、足繁く通っても飽きが来にくい。

今泉店に限らず、どの店舗も開店時間の17時には行列が出来ている理由は間違いなく「ハッピーアワー」である。

そもそも良心的な価格帯がウリの弐ノ弐だが、17時から18時30分は、焼き餃子と生ビール等のアルコール類数種が半額。

 

弐の弐
画像出典元
弐ノ弐

 

焼き餃子 250円→125円、生ビール 480円→240円、ハイボール 390円→195円、レモンサワー 390円→195円、焼酎 380円→190円、グラスワイン 380円→190円となり、仮に焼餃子3人前(7×3=21個)と生ビール3杯を注文したとすると、お会計は1095円。

ほとんどのメニューが500円以下で注文出来きるので、餃子意外の料理もドシドシ注文して、ガブガブ飲んでも、お会計はたかが知れている。

「残業なしの定時で退社→ダッシュで来店」は必至である。

タイミングによっては、待つ事になるのは多々あるので、あらかじめ予約をしておけばスムーズに入店できるのでオススメ。

安いだけがウリではない

価格が恐ろしく安い(特にハッピーアワー)ので、味もそれなりなんじゃ…と、想像されがちなところではあるが、全くそんな事はなく、旨い料理と品数の多さが人気の理由の1つと思われる。

焼餃子はカリッパリッに焼き上げられており、サッパリとした味付けの餡と溢れる肉汁が、餃子の連鎖を誘発する。

ヤムウンセン(辛口の春雨サラダ)や、豚肉とニンニクの芽の炒め物、揚げ塩ホルモン等のお酒のお供にピッタリなものから、チャーハンやマーラー担々麺などのガッツリ食事系もあり、メニューの多さと多様性が嬉しい。

絶妙な肴と生ビールを求めて、再訪しようと心に誓った良店である。

お店の場所

「餃子屋 弐ノ弐 今泉店」

住所:福岡市中央区今泉2丁目4ー33 エステートモア今泉 1階 (西鉄福岡駅から徒歩10分)
電話:092-739-5022
営業時間:17:00~24:00 (LO 23:30)
店休日:無休