緊急小口資金特例貸付、総合支援資金特例貸付、延長貸付

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、休業等で収入の減少で緊急で一時的な資金を必要とする

人に、自営・会社員問わず貸付を無利子で行う制度

緊急小口資金、総合支援資金があるがその期限延長となった

まだ資金申し込みなど、資金繰りに悩んでる方は、ぜひ閲覧してほしい制度である。

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み

 

福岡市総合支援資金申込、新型コロナウィルス感染拡大で収入減少

緊急小口資金を申し込んだ後、それでも先の見通しが長い場合、総合支援資金を申し込み出来る

現在借り入れしてる総合支援資金資金3か月の貸し付けが最大6ヶ月まで延長となる。

 

現在福岡県では、8万件を超す申請に対応全国的にも多い県となる。

それだけ福岡県では緊迫した雇用情勢や、仕事をなくさずとも収入が減少した家庭が多い

助成金を不正に受給してるものもいれば、生活を立て直そうと必至な方もいる

この新型コロナウィルス感染拡大の影響は大きい

 

緊急小口資金・総合支援資金延長申請

総合支援資金などの延長の条件だが
貸付延⾧に関する市区町村社協等の連携フロー

貸付延⾧に関する市区町村社協等の連携フロー
貸付延⾧に関する市区町村社協等の連携フロー

(例)
・7月に申請し、3ヶ月分(7、8、9月分)の貸付を受けた場合→延長対象
・8月に申請し、3ヶ月分(8、9、10月分)の貸付を受けた場合→延長不可

3か月目に相談して延長

支援内容
<貸付上限>
・2人以上:月20万円以内
・単身:月15万円以内
※貸付期間は原則3か月以内
<据置期間> 1年以内
<償還期限> 10年以内
<貸付利子> 無利子

 

現在の問い合わせ状況

「新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な資金の貸付」につきましては、
現在、Web(本会ホームページ)上の資料請求フォームにおいて、
「緊急小口資金」及び「総合支援資金」(初回申込のみ。延長申込は不可。)の資料請求を受け付けておりますが、
10月からは、「緊急小口資金」のみの取扱いとなります。

なお、10月1日(木)午前9時~10月2日(金)午前9時の間は、
システムメンテナンスのため、
すべての資料請求フォームの運用を停止いたします。

10月2日(金)午前9時以降は、
「緊急小口資金」については、
従来どおり資料請求フォームからお手続きいただけますが、
「総合支援資金」については、
すべて相談専用ダイヤル(電話番号:092-791-7266)のみでの受付となります。

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み