総合支援資金貸付上乗せ最大200万

2021年5月特例貸付延長が8月となった。

政府はこれまでの特例貸し付けについても、6月末までとしてきた申請期限を8月末までに2カ月間延長。

①小口資金申し込み
②総合支援資金申し込み
③小口資金、総合支援資金使えない人
④総合支援資金延長貸付

新型コロナ 生活困窮世帯に新給付金最大30万円給付で調整

緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が令和3年6月末日まで延長となりました。
申請やお問合わせ先は、お住まいの市区町村の社会福祉協議会です。

再び緊急事態宣言。
政府は大幅に収入が落ちた人向けに無利子の特例貸付総合支援資金を最大60万追加で再貸し付出来るよう方針を固めた。
最大3か月、追加3か月可能であったが、さらに3か月合計9か月180万追加で借入可能となった。
返済時所得が減少住民税が非課税になると免除特例もある。

仮に2020年9月~11月総合支援資金を受け取り。
2021年、2月に延長の申請を申し込みした場合。
自立支援~福祉協議会と申し込みのやり方が変わる。

福岡市の場合はエルガーラの自立支援センターにまずは電話

福岡市自立支援センター

初回の場合は福祉協議会。

福岡市(全域) 社会福祉協議会

その場合、2月に申し込みをしても
追加3回の申請となれば、2020年最終月から12,1,2月の追加となるため
3回分が同時に振り込みとなる。1回15万の場合(45万)
その県などで異なる事もある。
申請時に確認してみる事をおすすめする。

緊急小口資金特例貸付、総合支援資金特例貸付、延長貸付

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、休業等で収入の減少で緊急で一時的な資金を必要とする人に、自営・会社員問わず貸付を無利子で行う制度。
緊急小口資金、総合支援資金があるがその期限延長となった。
緊急小口資金の支給率は高い。

緊急小口資金支給率
画像出典元
厚生労働省

まだ資金申し込みなど、資金繰りに悩んでる方は、ぜひ閲覧してほしい制度である。

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み


福岡市総合支援資金申込、新型コロナウィルス感染拡大で収入減少

緊急小口資金を申し込んだ後、それでも先の見通しが長い場合、総合支援資金を申し込み出来る
現在借り入れしてる総合支援資金資金3か月の貸し付けが最大6ヶ月まで延長となる。

現在福岡県では、8万件を超す申請に対応全国的にも多い県となる。
それだけ福岡県では緊迫した雇用情勢や、仕事をなくさずとも収入が減少した家庭が多い
助成金を不正に受給してるものもいれば、生活を立て直そうと必至な方もいる
この新型コロナウィルス感染拡大の影響は大きい。

緊急小口資金・総合支援資金延長申請

総合支援資金などの延長の条件だが
貸付延⾧に関する市区町村社協等の連携フロー

総合支援資金延長
画像出典元
福岡市総合支援資金

(例)
・7月に申請し、3ヶ月分(7、8、9月分)の貸付を受けた場合→延長対象
・8月に申請し、3ヶ月分(8、9、10月分)の貸付を受けた場合→延長不可

3か月目に相談して延長

支援内容
<貸付上限>
・2人以上:月20万円以内
・単身:月15万円以内
※貸付期間は原則3か月以内
<据置期間> 1年以内
<償還期限> 10年以内
<貸付利子> 無利子

現在の問い合わせ状況

「新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な資金の貸付」につきましては、
現在、Web(本会ホームページ)上の資料請求フォームにおいて、
「緊急小口資金」及び「総合支援資金」(初回申込のみ。延長申込は不可。)の資料請求を受け付けておりますが、
10月からは、「緊急小口資金」のみの取扱いとなります。

なお、10月1日(木)午前9時~10月2日(金)午前9時の間は、
システムメンテナンスのため、
すべての資料請求フォームの運用を停止いたします。

10月2日(金)午前9時以降は、
「緊急小口資金」については、
従来どおり資料請求フォームからお手続きいただけますが、
「総合支援資金」については、
すべて相談専用ダイヤル(電話番号:092-791-7266)のみでの受付となります。

緊急小口資金振込日数

休業支援金資金より素早く対応してくれる

市の福祉協議会、国の対応より市や県の方が早いのが事実である。

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み

休業支援金
2021年7月申し込み開始
新型コロナ 生活困窮世帯に新給付金最大30万円給付で調整 (新型コロナ生活困窮者自立支援金)申し込み始まる

福岡県における休業支援金・給付金不支給問題、コロナ休業再申請

あわせて読みたい記事