福岡県の郊外で、古き良き山里の景観を楽しむ・うきは小塩の灯り

うきはの小塩の灯りをご存じだろうか、福岡県で1日1組限定で、うきはの景観を楽しむ事が出来る

新型コロナウィルス感染拡大で密が嫌われるなか、家族、彼氏・彼女・女子会

友人などと、人里を離れた、自然空間を楽しむ。

うきは市の里山「小塩」

うきは小塩の灯り
画像出典元
うきは小塩の灯り

各旅行会社で、GoToトラベルで予約するのもお得な時期でもある※2020年11月現在

近くで森林浴やフルーツ狩り温泉を楽しむ。

 

 

うきは市

福岡県南部に位置する、うきは市、フルーツ王国と言われるうきは市

リンゴ、イチジク、梨、苺、ぶどう、モモ、柿、キウイ、柑橘季節ごとに収穫されたフルーツを扱う

梨狩りは8月から9月

柿狩りは、10月~12月

カフェ巡りでも人気のスポット

昼はフルーツ狩り、デザートなどフルーツ王国うきはならではの楽しみ方を満喫する。

うきは市フルーツ
画像出典元
うきは市フルーツ

 

古き良き山里の景観が残されているうきは市。雑貨店やカフェなどの新たな観光スポットも増え、ますます注目を集めています。スイーツ&グルメや観光地巡りなど、一日では回りきれないほどの魅力が満載です。

うきは市森のセラピー巨瀬の源流ロード、セラピーロード

森林に入ると心が癒されるのは、体験した方は多いはず

森林浴でリフレッシュタイムを作る

うきは市では、森のセラピーを推奨している

森に入ると気持ちが良くなりリフレッシュできることは、「森林浴」という言葉で語られてきました。しかし、森林浴には具体的に何をして、どのような効果があるのか、明確な定義があるわけではありませんでした。そこで、生理的な評価手法として脳機能、神経機能、免疫機能、ストレス関連物質などに着目した研究が行われ、森林浴の生理的効果が解明されました。その結果をもとに、全国各地の森を活用して、心と体の健康づくりや疾病予防をする取り組みとして生まれたのが「森林セラピー」です。

平成20年(2008)4月に市内の森林が持つリラックス効果が実証され、北部九州で初めて森林セラピー基地として認定されました。市内には、石積みされた棚田の景観が美しい「つづら棚田の散歩道ロード」と、水辺の空気が心地よい「巨瀬の源流ロード」の二つの認定セラピーロードがあります。

都会では味わえない森林浴で木々の息吹をたどり、観て、触って、味わう

聴く、嗅ぐでストレスが軽減する。

 

うきは小塩の灯り宿泊プラン

 

楽天トラベルから予約するとGoToトラベル使用可能

各旅行会社でGoToトラベルキャンペーンを使ってお得に予約する※2020年11月現在

うきは周辺温泉、「筑後川温泉」「原鶴温泉」「吉井温泉

森林浴やフルーツ狩りを楽しんだ後、温泉に入りたい

大分と隣接するうきは市

うきは周辺には、筑後温泉、原鶴温泉、吉井温泉があり

500円程で入浴可能である。