県内トップクラスの透き通る水質と、自然豊かでプライベートな雰囲気が超絶な癒しを与えてくれる

総合評価 ★★★★★^^

福岡市と北九州市の中間辺りに位置する福津市の小さな半島「渡半島」

その半島の付け根に位置する白石浜海水浴場は、福岡No.1と言っても差し支えないほどの透き通った海水と、白い輝きが美しい砂浜が印象的で、広がるエメラルドグリーンの波打ち際に、一瞬で心を奪われる。

沖合い眺めると、世界文化遺産に指定されている「宗像大社沖津宮」がある大島が望める。宗像大社を構成する沖津宮・中津宮・辺津宮が直線的に並ぶ神聖な海域でもある。

白石浜はウミガメの産卵地であり保護を行っているため、海水浴場として利用・遊泳できる期間が短く、毎年7月中旬~8月中旬までが開放期間で、この1ヶ月以外は遊泳禁止。

一般的な海水浴場と比較すると、シーズン中も混雑は少なく、余計な音楽や雑音もないので、波の音・松の木々が風で揺れる音をBGMにプライベートな時間が過ごせる。

絶滅危惧種である「カブトガニ」も生息しており、深い所でも海底が見えるほどの透き通った綺麗な海水には、沢山の魚たちが行き交う姿も確認できる。

同砂浜には、汚れていない場所でしか観測できない「鳴き砂」があり、海水や砂浜の綺麗さがうかがえる。
鳴き砂は、細かい石英の砂粒が主成分で、澄んだ空気と綺麗な水で表面を洗われる事によって摩擦係数が増し、それらがこすれ合うことで「ぷぎゅっぷぎゅっ」といった可愛らしい楽器の様な音を奏でてくれる。
逆に、タバコの灰などの汚れ・海水の汚れに敏感で、少しでも汚れると鳴かなくなる。
豊かな自然の証しなので、環境保護に十分配慮してからの利用が不可欠である。




海水浴と自然を満喫する目的ならば、設備面も問題なし

環境保護が行き届いた白石浜だけあって、余計な建造物は少なく、海の家は1軒だけである。

昨今の「何故かレゲエの流れているオシャレ風」な海の家とは違い、古く趣き深い木造の海の家がしっくりきていて、景観や自然を大事にしているエリアだけに、むしろありがたいし落ち着ける佇まい。

食事のメニューは少ないが、持ち込みはOK。好きな食事や飲料等を持ち込んで楽しめる。同海水浴場だけでなく、何処に行っても出したゴミは必ず持ち帰って欲しいし、それが人として最低限のマナー。

シャワーは温水がなく水だけだが、潮を洗い流すだけなので、そこは「突然やってきた修行の時間」と思ってやり過ごせば問題はない。

トイレは屋外にあり、古い和式で快適とは言い難いところはあるが、清潔感に管理されているので、利用する人のマナー次第。

各利用料金は、大人800円・子供400円で、シャワーは別途100円。自家用車で訪問する場合は駐車場代が500円かかる。
どの利用料金も、県内の他の海水浴場と比較すれば、半額くらいの価格で良心的である。

ビーチには日陰がなく、海の家を利用しないのであれば、パラソル等の日除けになるアイテムは必ず持参したいところ。
ちなみに砂浜でのバーベーキューは勿論禁止。ジェットスキーやテント・キャンプも禁止なので、ルールとマナーを尊守して利用してほしい。

私的には、福岡県内でこのレベルの美しい海辺で過ごせるのならば設備的には全く問題ないし、ありがたい程である。
海の家を利用するのがベストだしオススメするが、賑やかさ・アクセス・設備の面での利便性を重視して海水浴場選びをするならば、他の海水浴場を選ぶのが無難。

好みが分かれるが、本当に海や自然が好きな人・大事に出来る人だけにオススメしたい穴場的な海水浴場である。

所在地・アクセス

所在地:福岡県福津市渡

アクセス:(自家用車の場合)都市高速 香椎東出口から約30分、九州自動車道 古賀ICから約25分

(公共交通機関を利用の場合) JR鹿児島本線 福間駅から西鉄バスで約20分 塩浜口バス停で降りて徒歩15分