ドライブ・サイクリング・歴史探索・海水浴となんでもあり!市内有数の人気スポット

総合評価 ★★★★

https://twitter.com/ebisuya_/status/759709342450847746

博多湾の北側に位置する志賀島は、福岡市東区海岸線の街と砂州で湾を被う様に陸続きとなっており、市街地から気軽に足を運べるアクセス抜群の島。

砂州を挟んで南側は、博多湾に浮かぶ能古の島や福岡タワーをはじめとする市街地のビル群、北側は碧々と広がる玄界灘が見渡せる。

周辺には観光スポットやアクティビティーも豊富で、マリンワールド海の中道(水族館)・海の中道海浜公園・デイキャンプ場バーベキュー場等、目的に応じて様々な楽しみ方が出来る人気のエリアである。

レンタルサイクルが利用出来る施設も多く存在しており、外周12Kmの小さな島にぎゅっと詰った豊かな自然と、心地よい潮風を受けながらのサイクリングは、車でのドライブとはまた違った発見や楽しみがあり、是非オススメしたい。

もちろん陸続きなので市街地からドライブで訪れる人も多く、福岡市中心部から車で30分程度の小さなパラダイスへ、ちょっとしたショートトリップを味わう事ができる。

日本最古の国宝である金印が発見された場所にある金印公園や、高台から島の自然や玄界灘を見渡せる潮見公園展望台、島外周は海沿いに道が続いているので、夕日を見ながらのドライブなど見所満載である。

島北西部にある国民休暇村には「金印の湯」なる露天風呂付きの温泉があり、玄界灘をバックにゆったりと温泉を満喫出来る。海水浴帰りの立寄り湯に利用すると最高かと思われるが、立寄りは15時まで(最終受付 14時まで)の利用との事なので、利用を検討するならば早めの来場が必要である。

志賀島海水浴が位置する砂州西側のすぐ近くに波止場があるため、穏やかな海で海水浴を楽しめるのだが、砂州東側は北からのウネリをダイレクトに受けるサーフスポットで、マリンスポーツを楽しむ人たちでも賑わっている。(サーフスポット側はウネリが高く、ジェットスキーをする人もいるので、一般の遊泳はオススメしません)

自然が豊かで、多種多様なアクティビティーや観光スポットがある上に、アクセスが楽チンという贅沢すぎる「福岡市民の宝島」が正に志賀島ではないかと思われる。

アクセスの良さ・浅瀬のビーチ・海の家の利便性が、家族連れや若者に人気

志賀島の入り口に位置する海水浴場は、毎年おおよそ7月上旬に海開きしており、海の家が3件程並んで営業している。

白い砂浜と、浅瀬の続く澄んだ海水が煌めくビーチは、夏の癒しを感じるに相応しい景観である。

志賀島
画像出典元
志賀島

クラゲ除けネットも設置されているので、比較的安心して海水浴を満喫出来るのがありがたい。(ただし私は同所でクラゲに刺された経験あります)

海の家の料金はほぼ一律(バーベキューの利用有無で若干異なる)で、大人 1300円・中高生 1000円・小学生以下 600円(3歳未満の乳児は無料)とかなりリーズナブル。

バーベキューセットの無料貸し出しや、水着の貸し出しまでもあるので、完全手ぶらで夏を満喫出来るシステムが素晴らしい。

海の家の利用料金を払えば、無料で駐車場が利用出来るので、車で訪れるのに何の問題はないのだが、「夏の海はビールが必需」という素敵な思想をお持ちの方ならば、博多埠頭(ベイサイドプレイス博多)からフェリーの利用がオススメ。

出航から片道30分程度で志賀島渡船場に到着。渡船場から海水浴場までは徒歩1分程度と、都会から大自然までの景色の移り変わりが目紛るしくあり楽しい。

周囲の目が気にならないのであれば、乗船中は広がる海の景色を肴にビールを堪能するのも粋なものである(空き缶やゴミは各自持ち帰りましょう!)

所在地・アクセス

所在地:福岡県福岡市東区志賀島

アクセス:(自家用車の場合)都市高速 香椎浜ランプを降り、アイランドシティ方面へ。海の中道大橋を渡って志賀島方面へ(香椎浜ランプから約20分程度)

(公共交通機関を利用の場合) 市営渡船 博多埠頭(ベイサイドプレイス博多)よりフェリーで約30分、志賀島渡船場から徒歩1分。

※車で行く場合、日曜・祝祭日は渋滞が予測されるので(特に夕方)、帰宅時間は渋滞時間を避けて計画的に。