福岡県緊急事態宣言、生活支援金

福岡県に2度目の緊急事態宣言が出された。

前回に続き、飲食店や各企業に支援金が発表された
個人への生活支援金も用意されている
個人でも引き続き、小口資金、総合支援資金

休業支援金の申し込みが延長になっている。
仕切りの高かった休業支援金の申し込みの会社の休業させてる、させていないに関わらず
休業と認められる事例が多い、不支給から支給となった事例も多い。

厚生労働省は特例措置を2021年3月末まで延長していて、全国の社会福祉協議会が窓口となり申請の受け付けなどが行われています。

  1. 生活支援金 緊急小口資金、総合支援資金
  2. 住居確保給付金
  3. 休業支援金

無利子、無担保、実例最短1週間で福岡県緊急小口資金の特例貸付振り込み

福岡市総合支援資金申込、新型コロナウィルス感染拡大で収入減少

福岡県における休業支援金・給付金不支給問題、コロナ休業再申請

学生支援、ひとり親世帯支援

知っておくべく新型コロナウィルス感染症各種支援資金

生活に困った人が当面の生活費を借りることができる「緊急小口資金」と「総合支援資金」の制度は、2020年3月から特例措置が行われ、新型コロナウイルスの影響による失業や休業で収入が減少した人も対象となっています。

「緊急小口資金」

20万円を上限
無利子
返済期間は2年以内
「総合支援資金」

2人以上の世帯:1か月最大20万円
単身の世帯:1か月最大15万円
原則3か月
無利子
返済期間は10年以内
厚生労働省は特例措置を2021年3月末まで延長していて、全国の社会福祉協議会が窓口となり申請の受け付けなどが行われています。