もったいないをなくすモノバザールオープン

マリノアシティ福岡にもったいないをなくしたい
そんなお店がオープン。

九州に、初登場したモノバザール【mono bazar】
近年高まるフードロス削減。
日本国内では売れ残り、消費期限切の食品や食べ残しが捨てられるのが現状。

毎日1人がおにぎりを捨てている状態とも言われる。
福岡県でも福岡県食品ロス削減県民運動があり、食べもの余らせん隊として登録してる店舗なども

今後大きく需要を伸ばしていきそうなフードロス店
その先駆けとして、モノバザールがオープンした。

モノバザールマリノアシティ店では、レトルト、缶詰、お菓子、生活雑貨などが置かれている。
シーズン外や賞味期限が迫るなどで捨てられる商品達

日本や世界中のもったいないを救うコンセプト。
マリノアシティアウトレッドⅡ棟1Fに足を運んで見よう。

この投稿をInstagramで見る

 

マリノアシティ福岡【公式アカウント】(@marinoacity)がシェアした投稿

モノバザール

店名 mono bazar(モノバザール)
場所 マリノアシティ福岡アウトレットⅡ棟1F
営業時間 10時~21時

福岡のランドマーク福岡タワーでは季節ごとのイルミネーションが点灯するあなた好みは?

福岡食べもの余らせん隊

福岡でも食べもの余らせん隊が登場。
食べもの余らせん隊とは?

 福岡県では、食品ロスを減らすため、「福岡県食品ロス削減県民運動」の一環として、食品ロス削減に取り組む飲食店、宿泊施設、食料品小売店を「食べもの余らせん隊」として登録し、その取組を広く県民の皆さんにお知らせしています。

食べ物余らせん隊の取り組み項目は?

食べもの余らせん隊(たい)
画像出典元
福岡県
食べもの余らせん隊(たい)

来店者に希望に応じた料理の料を提供
食べ残し削減の呼びかけ
ポスター掲示板で呼びかけ
持ち帰り対応
食べきりしたグループには次回割引券など

取り組みは盛んになるであろう。
興味がある店舗はまだまだ募集
下からの登録、確認できる

登録いただける食品ロス削減に取り組む店舗募集

あわせて読みたい記事