八木山バイパス再び有料化

八木山バイパスの有料化について
福岡都市圏と筑豊地域を結ぶ「八木山バイパス」が有料化されることになりました。現在、4車線化の工事が進行中で、来年度中に一部区間が開通するのに合わせて有料化されます。具体的には、篠栗インターチェンジから筑穂インターチェンジまでの約5.7キロの区間で4車線化の工事が完了する見通しです。

料金所と通行料金
新たに設置される篠栗側の料金所で、通行料金が徴収されることになります。料金は、普通車が280円、大型車が450円となっています。

八木山バイパスの歴史と有料化の理由
八木山バイパスは、1985年に開通し、2014年9月までは有料でしたが、建設費の償還が終わり、その後無料で通行できるようになっていました。しかし、今回の4車線化工事の完了に合わせて再び有料化されることになりました。これは、道路の維持管理などのための措置です。

有料化の開始時期
具体的な有料化の開始時期については、事業の進捗を踏まえて後日発表される予定

九州・福岡 最強寒波!到来 高速道路・通行止め・規制!2024年1月

関連