福岡県飲食店時短要請解除

新型コロナウィルス感染拡大で福岡県緊急事態宣言から緊急事態宣言解除となったが
時短要請をされていた、飲食店などが時短要請の解除に踏み切った。
福岡県ではカラオケなどで高齢者はクラスターを起こした事例以外にクラスターなどが減った。
ことなどから時短要請解除に1日4万円の協力支援金は終了となった。
現在営業時間が夜9時となっていたが解除となる。
3月7日解除の予定が、病床使用率が下がらない事から3月21日解除となった。
しかし福岡県は通常の営業には程遠い新型コロナウィルス感染防止対策を求める。

福岡県22日以降の要請

福岡県が時短要請解除後の要請は。
①飲食店利用は1軒あたり2時間以内
②混雑を避けた利用と時間と場所を選択
③卒業旅行、謝恩会、歓送迎会、花見などの宴会は控えるなど。

飲食店にはお客に2時間以内の利用を促す。
喚起、座席の間隔距離確保などの徹底
高齢者施設などの職員にはPCR検査を促すなどまだまだ現状には程遠い。

これが守らなければ再び新型コロナウィルス感染拡大となる可能性も否めないが、コロナ疲れの県民や若者たちがどれくらい守れるかにかかっている事になる。

あわせて読みたい記事