2021年台風9号九州接近

台風9号が九州上陸の可能性が出てきた。
中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/の台風9号となる。

8月8日の夜接近、深夜に上陸の可能性が出てきた。
今後の台風9号の動きを確認しておく事が必要となる。

上陸した場合の避難場所の確認や対策が必要となる。

ウエザーニュース

日本気象協会
画像出典元
日本気象協会

台風9号はこのあとも東よりに進み、あすの夜には九州に上陸するおそれがあります。台風の進路にあたる沖縄や九州では雨や風が強まり、海上の波も高くなるでしょう。

あす8日の18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で九州南部200ミリ。九州北部地方、奄美地方、沖縄地方150ミリです。

8日にかけて予想される最大瞬間風速は九州北部地方、九州南部・奄美地方、沖縄地方30メートル、近畿地方、中国地方、四国地方25メートルです。

屋内での家の中でいるべき場所

台風の暴風 家の中で いるべき所は

台風9号情報九州のピーク時間は?

台風10号が去ったあと、台風9号が九州に接近。
台風9号は8月8日深夜に上陸の可能。

午後から雨が強まる模様。午前中のうちに用事をすませる方がよさそうである。
ピークは深夜。雨雲がかかる予想があるため避難を行う場合は時間の早いうちの対応が必要とウェザーニュースは発表した。

8日夕方から雨が強くなってた福岡市内。

この後一月分の雨が降る予想がある。

大雨の土砂災害などに厳重注意が必要となってきた。
災害の発生しやすい場所に住んでる方は明るいうちに安全な場所への避難を呼びかけている。

台風9号は、あす(月)にかけて日本海へ進み、温帯低気圧に変わる見込みですが、寒気を引き込んで今度は低気圧として発達する予想です。あすは広い範囲で風が強まり、荒れた天気となりそうです。
また、湿った空気の影響で、東日本や北日本も大気の状態が不安定となるため、局地的に雨の強まる所があるでしょう。

あわせて読みたい記事