シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA 2023

開催が期待されるシーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA
シーサイドももち海浜公園で開催される花火大会となる。

コロナ禍の中中止となっている花火大会
各地で再開している。
福岡市内では1949年から2018年まで開催されていた大濠公園花火大会が無くなった今シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKAの期待は大きい。
期待されるシーサイドももち花火大会2023の復活がまたれる。

2023年5月現在開催の発表はない状態
過去の開催情報!

ももち浜花火大会
2017年 7月26日(水)
2018年 7月18日(水)
2019年 8月8日(木)

愛宕浜マリナタウンで2023年新しい花火大会が開催される博多湾芸術花火大会。

博多湾芸術花火大会は、福岡県福岡市西区の愛宕浜マリナタウン海浜公園を会場に開催された花火大会。

本大会は、日本の伝統的な花火と音楽をシンクロさせた新しい芸術的な花火大会。
北海道や宮城、長野、京都、宮崎などから集結した日本屈指の花火師達と、最高のショーを演出する花火コレオグラファーとのコラボで、1万3000発の花火が雄大に美しく、激しく、福岡の夜空を華麗に舞いました。

花火は、約60分間にわたってノンストップで打ち上げられ、曲調に合わせて変化する色彩や形、打ち上げ方によって、さまざまな表情を魅せてくれました。また、打ち上げと同時に流れる音楽とのシンクロも見事で、観客を魅了しました。

博多湾芸術花火大会2023開催決定!音とシンクロする花火が愛宕浜で開催 チケット情報

博多湾芸術花火大会2023開催決定!音とシンクロする花火が愛宕浜で開催

シーサイドももち花火ファンタジア

シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA

シーサイドももち花火ファンタジアは、福岡県福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園で毎年7月下旬に開催される花火大会。す2017年に初開催の花火大会
西日本最大級のスケールと、音楽と花火がシンクロする演出で人気を博しています。

シーサイドももち花火ファンタジア、約12,000発の花火が打ち上げられます。
花火は、音楽に合わせて打ち上げられ、まるで花火が音楽を奏でているかのような美しい光景が楽しめます。また、花火大会では、毎年様々なテーマで花火が打ち上げられます。

シーサイドももち花火ファンタジアは、福岡市の夏の風物詩として多くの人々に愛されています。花火大会では、家族や友人と、夏の夜空を眺めながら、楽しいひと時を過ごすことができます。

シーサイドももち海浜公園
画像出典元
シーサイドももち海浜公園

開催場所   シーサイドももち海浜公園 –百道浜・地行浜–(福岡市早良区)

福岡 花火大会情報 2023年今宿納涼花火大会の開催は?生の松原 長垂海浜公園

福岡 花火大会情報 2023年今宿納涼花火大会の開催は?生の松原 長垂海浜公園