福岡大雨か?九州北部、19日午前に線状降水帯予測 まるで梅雨と発表

福岡大雨か?九州北部、19日午前に線状降

九州南部・北部と警戒・注意が必要
2022年18日~19日線状降水帯が発生

18日は、前線や暖かく湿った空気の影響により、雨で雷を伴い激しく降る
19日は、前線や暖かく湿った空気の影響により、概ね雨で雷を伴い非常に激しく降る

土砂災害などの危険が高まると発表。暗くなる前に、身の安全を確保するようになどの警戒情報が!

情報は梅雨末期のような状態と言う。

福岡県福岡市中央区
警戒レベル4相当

19日発令された情報

避難指示
北九州市門司区
北九州市若松区
北九州市戸畑区
北九州市小倉北区
北九州市小倉南区
北九州市八幡東区
北九州市八幡西区
久留米市
小郡市
筑紫野市
宗像市
朝倉市
那珂川市
高齢者等避難
大牟田市
久留米市
小郡市
うきは市
嘉麻市
朝倉市
みやま市

福岡県発令された情報

九州 まるで梅雨末期 線状降水帯発生の恐れも 大雨に厳重警戒!

画像出典元
tenkijp

天気jpによれば。

九州では、あす19日(火)午前中にかけて、線状降水帯が発生する恐れがあります。線状降水帯とは、活発な積乱雲が線状に並んで、狭い範囲に集中豪雨をもたらすもので、2017年の九州北部豪雨など、過去の災害の直接の原因となっています。九州で予想される雨の量は、多い所で、あす19日(火)夕方にかけて250ミリの見込みですが、線状降水帯が発生すれば、局地的にさらに雨量が増え、重大な災害につながる恐れがあります。

自治体から避難に関する情報が出ていなくても、土砂災害や洪水、浸水などの危険が高い地域にお住まいの方は、暗くなる前に身の安全を確保するようにして下さい。特に、高齢の方や小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、避難に時間がかかるため、早め早めの行動を心掛けましょう。

tenki.jo最新情報

△福岡・九州の魅力を余すところなく発信する情報サイトです。 グルメ、イベント、観光スポット、穴場情報まで地元民だからこそ知っているディープな福岡・九州をお届けします。▽