福岡水泳世界選手権延期

2022年開催予定の水泳世界選手権。
東京オリンピックで延期で、2022年5月に開催予定されていた
FINA世界水泳選手権2022福岡大会

2022年5月13日(金)~5月29日(日)17日間の予定行われる。
来場者は50万人を予定していた。
新型コロナウィルス感染拡大で、再延期の方向で調整が始まった。

開催は、2023年夏で調整している。

世界選手権は当初、21年7~8月に予定されていたが、東京五輪の延期に伴い、今年5月に再設定された。17日間で選手や関係者約2400人、観客約50万人の来場を見込む大イベントで、仮設プールを設置するマリンメッセ福岡を主会場に、競泳やアーティスティックスイミング(AS)、飛び込みなどを行う計画となっている。

2022年福岡でのスポーツなどのイベント開催にも大きな影響が出そうな、世界水泳延期。

世界水泳福岡