『第29回城島酒蔵びらき』3年ぶりの通常開催が決定しました!「城島の酒」の8つの酒蔵が協賛し実施される九州最大の早春酒蔵びらき。メイン会場での「城島の酒飲みくらべ」や「角打ち」のほか、筑後酒造り唄披露、城島龍神太鼓の演奏などイベントも盛り沢山!

第29回城島酒蔵びらき
出典
城島酒蔵びらき実行委員会

第29回城島酒蔵びらき 城島の酒飲みくらべ・角打ち

会場が多すぎて、とても1日では回りきれないくらい!それが城島酒蔵びらきのすごさです!
城島の酒飲みくらべ
開催場所:メイン会場(町民の森公園)
有料チケット (12枚綴り)・ お猪口付: 1000円 〈普通酒・本醸造 Aクラス 1枚で1杯〉〈純米酒 Bクラス 2枚で1杯〉 〈吟醸酒・大吟醸 Cクラス 3枚で1杯〉

第29回城島酒蔵びらき
出典
城島酒蔵びらき実行委員会

地元城島の自慢のお酒を飲みくらべてみてください。同じ城島のお酒でもそれぞれの個性が生かされ、豊かな風味を引き出しています。この機会に城島のお酒を存分にお楽しみください。【※】チケットは飲みくらべ以外は使用できません/余りチケットの返金はできません/お酒は十分に用意していますが、品切れの際はご了承ください

角打ち
開催場所:メイン会場(町民の森公園)

第29回城島酒蔵びらき
出典
城島酒蔵びらき実行委員会

一日の仕事を終えた人たちが肩を並べてほろ酔い気分で話しに花を咲かせる大衆の安らぎの場「角打ち」。 今年も角打ちのコーナーを設けました。

第29回城島酒蔵びらき 参加蔵元・イベント一覧

第29回城島酒蔵びらき
出典
城島酒蔵びらき実行委員会

旭菊酒造(あさひぎく)
明治33年 (西暦1900年) 創業
明治33年創業。全国新酒鑑評会金賞受賞 (平成3年、5年、 6年、13年、16年、19年、 22年、 24年、 26年) “食事に合うお酒”をモットーに酒造りを行っております。

イベント紹介
●お燗でどうぞ!のみくらべ角打ち(有料)
●おたのしみ抽選会
●久保田さんサックス演奏
●おひなさま展示

池亀酒造(いけかめ)
明治8年(西暦1875年) 創業
明治8年創業。 伝統の技と独自の技術で個性的な商品造りを行う酒蔵。黒麹で仕込んだ純米吟醸酒 「黒兜 (くろかぶと)」、麦こがしのような芳ばしさの麦焼酎 「胡坐 (あぐら)」、ゼリー状 の梅酒、とろとろのにごり梅酒など、めずらしくて美味しい商品を限定製造しています。 

イベント紹介
●(蔵びらき限定)斗瓶取り純米大吟醸 実演販売
●(蔵開き限定)瓷貯蔵3年「黒こうじ」の日本酒 有料試飲
●大吟醸等の飲み比べ(有料)
●しぼりたて生酒の試飲・販売
●果汁たっぷりリキュール試飲・販売
●大人気!あずき入り甘酒販売
●酒蔵のソフトクリーム販売

筑紫の誉酒造(ちくしのほまれ)
明治30年 (西暦1897年) 創業
創業明治30年以来、創業者の魂と技を受け継いで、少量生産ですが昔ながらの手造りの良さを生かし、丹念な酒造りに専念しています。 地元の酒米と水を使い、「甑(こしき)」による 蒸米から始まる手造りの旨みとコクを守り続けています。 5~7月は幻の魚 「エツ」の料理店
「えつの豊」も営業しております。

イベント紹介
●新酒のタンクからの直詰販売
●特撰清酒の試飲販売
●あま酒の試飲販売
●自宅にてお茶席 18日・19日
●奈良漬、大根粕漬試食販売
●麹入り 馬スジ特製カレー
●「コトマス(香川)」中国茶器等雑貨販売/うなぎジャーキー・台湾ルーロなど
●「梅の花」ちらし寿司など
●「石橋製菓」甘納豆
●「ゆうゆうカンパニー」焼き鳥など

花の露(はなのつゆ)
延享2年(西暦1745年) 創業
城島の酒の特徴である軟水仕込から生まれる、きめ細やかな酒質が特徴で、その優しく柔らかな味わいは 「花の露」という酒名にふさわしいものとなっており、食中酒として特に優れています。 

イベント紹介
●蔵開き限定 純米大吟醸生原酒・しぼりたて生原酒・純米大吟醸うすにごり生酒
 甘口にごり酒
●極上酒とお燗酒が楽しめる「角打ち」
●竹の香りが楽しめる大人気「かっぽ酒」
●新発売!蔵元自家製 蒸したて「幸せのもっちり肉まん」「ほほえみのモチふわあんまん」
●MALIBU(マリブ) 極上パティのハンバーガー
●花の露 飲み比べセットと酒の肴コーナー
●大人のための純米酒ケーキ

比翼鶴酒造(ひよくつる)
明治28年 (西暦1895年) 創業
「天に在りては願わくは比翼の鳥となり、地に在りては願わくは連理の枝とならん」 楊貴妃に贈られた愛の言葉を由来とする「比翼鶴」と「連理」が代表銘柄の城島の地酒です。 銘柄のめでたさからお祝い事に重宝されております。 しっかりとした味わいが特徴で、なかでも特別純米酒「耶馬寒梅」は一番の人気商品です。 

イベント紹介
当日はメイン会場にて、しぼりたて生原酒「今朝(けさ)しぼり」の販売をしております。
ブースにお酒をしぼるときに使用する槽(ふね)のミニチュア模型を持ち込んでいます。
毎年人気の今朝しぼりの角打ちをお楽しみください。

萬年亀酒造(まんねんがめ)
明治25年 (西暦1892年) 創業
平成9年全国新酒鑑評会金賞をはじめ、平成18年・20年と入賞を果たし、吟醸酒の技術を大いに深めています。 平成18年から 「玄米日本酒 琥珀のつぶやき」 を製造販売いたしており、「健康目的の日本酒」としてご愛用者の支持をいただいております。

イベント紹介
健康食品として俄然注目、西日本唯一の「琥珀のつぶやき 玄米日本酒」をご披露いたし
ます。大吟醸は原料米を削りに削って米の栄養分を取り除き、上品に磨き上げた日本酒で
すが、それと正反対に、米の栄養分・米の生命力をそのままに活かして造るお酒に限りな
い魅力を感じられても、それは不思議なことではありません。まさに日本酒の原点は玄米
酒なのです。
●蔵元限定 袋でこしただけのしぼっていない純米大吟醸ふくろこしの有料試飲販売
●とれたての純米しぼりたて生原酒を有料試飲販売

瑞穂錦酒造(みずほにしき)
安政元年(西暦1854年) 創業
安政元年(1854年)の創業以来、少量生産で手造りのお酒を造っております。 地元産の米と自社の水を使い、しぼりたての原酒を造っています。 黒米を使った無添加甘酒も造っております。 また、酒蔵を改装したうなぎ料理 「みずほ庵」 も隣接しています。

イベント紹介
●特選清酒の試飲・販売
●甘酒の試飲・販売
●ミネラルウォーター「みずほ吟醸水」の販売

杜の蔵(もりのくら)
明治31年(西暦1898年) 創業
地元の米・水・人 (技)から丁寧に醸す地酒を提供することを誇りとして、 日本酒においては福岡県産の酒米を使用した純米造り(=米と水だけが原料)のみを行っています。また“食と体になじむ、しみじみと旨い酒” を目標としており、 現代の食に合わせて楽しめるよう「旨いお燗酒」や「純米酒の熟成」 にも取り組んでいます。

イベント紹介
~当日限定のお楽しみがいっぱい~
●その場で瓶詰め! しぼりたて純米生原酒
●『杜の離れ』数量限定! 絶品おつまみ
●やっぱり旨い食には旨い酒!(蒸し牡蠣、ホルモン焼、焼鳥、福福そば、等々)
 10時~ 純米酒樽 鏡びらき!
 15時~ 売り切れ御免! お楽しみ福袋
 人気スイーツ!「杜の和らぎ」「酒ケーキ」
●栄養満点! 麹で造った甘酒のふるまい

第29回城島酒蔵びらき 開催期間

2023年 2月18日㊏ 19日㊐
9:30-16:00

場所
久留米市城島町楢津764
城島町民の森(メイン会場)開放酒蔵

第29回城島酒蔵びらき 公式プレサイトはこちら

関連