博多あまおういちご大福

あまおうは福岡県育成ブランドのいちごである。

博多あまおうはその名の通り、あかい、まるい、おおきい、うまいの頭文字であまおうとなる。
11月から5月頃が収穫時期となり、3月から4月が最盛期となる。

収穫が終わった博多あまおうは、そのまま食べてもおいしいが
和菓子屋、コンビニ、スーパーでもいちご大福となる人気商品である。

福岡市中央区六本松いちご大福販売店

六本松老舗の和菓子店「兎月」

期間限定でいちごつつみを販売
創業昭和12年の六本松の和菓子店兎月
季節限定いちご包み。

いちごつつみ
画像出典元
六本松兎月

求肥(白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたもの)と白あんでつつんだ苺の和菓子

和菓子処兎月
〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-9-16

和菓子処兎月

石村萬盛堂提供ブランド、善太郎商店

六本松421の中六本松マルシェ1F
老舗の和菓子店石村萬盛堂ブランド、善太郎商店であまおういちご大福販売

善太郎商店は、石村萬盛堂設立者、石村善太郎のなまえを取った
善太郎商店となる。
石村萬盛堂ブランド善太郎商店が博多あまおういちご大福を提供する
なめらかなこしあんに包まれた、苺の酸味はくどくなく甘さ控えめないちご大福。

季節限定いちご大福。

善太郎商店いちご大福
画像出典元
善太郎商店

価格は220円
博多あまおういちご大福

博多あまおうのいちごを、なめらかな餡で包み、ふんわりと優しい餅生地で包んだいちご大福です。

“あかい・まるい・おおきい・うまい”の頭文字をとって名付けられた「博多あまおういちご」。
とくに、寒暖の差が大きい福岡県八女地区で大事に育てられ、冬季に収穫されたあまおういちごは身がしまり甘みと酸味のバランスも良く大変おいしいのです。このいちごを丸まる一つ使って贅沢ないちご大福に仕上げました。

石村萬盛堂鶴乃子をつかったおまおういちごみるく鶴乃子も販売
善太郎商店
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4丁目2-1 六本松マルシェ1F

福岡市内おすすめのいちご狩りスポット、福岡のいちご狩り料金、 時期は?

あわせて読みたい記事