九州がんセンターに冷凍庫配備

新型コロナウィルスのワクチン接種の対象の病院
九州がんセンターにワクチンの保管超低温冷凍庫が配備

着々と進むワクチン接種の準備

この病院は、国が進めるワクチンの副反応の調査に参加し、接種を受けた職員の体調に変化がないかなどの確認が、2か月近くにわたり続けられる見通しです。
院内での接種を終えたあとは、超低温冷凍庫で近隣の医療機関が使用するワクチンの保管を行うことになっています。

福岡市ワクチン接種

福岡県新型コロナウィルスワクチン接種700機関確保へ

福岡市で、新型コロナウィルスワクチン接種に向けた動きをかかりつけ医

700機関確保に動く考えを福岡市医師会定例会で会見した。

接種場所を
①身近なかかりつけ医
②リスクがある人対象の主要病院
③会場での集団接種
④高齢者の施設での接種

福岡市高島宗一郎市長は、5月までの希望する市民への接種完了を目指す。

高齢者の接種は早くとも、4月1日から始まるとしているが接種がはじまるのは?

ワクチン接種に関しては、福岡市民の疑問も多い

2月福岡県新型コロナウィルス感染状況

緊急事態宣言の解除日が近づくが、延長やむなしとの声も

1月最後の日、福岡県では127人の新型コロナウィルス感染が確認された

200人を下回るのは7日連続でここが正念場となる模様

ここで緊急事態宣言を解除すれば再び200人を超える可能性も否めない。

現在福岡県では新型コロナウィルス感染で死亡した感染者は187人と発表

緊急事態宣言延長福岡は?福岡は延長やむなしか?雇止めの懸念も

福岡県510万人ワクチン接種には大きな課題

現在ワクチン接種の情報は接種に向けて動き出している

福岡県でも急ピッチで準備が進めれている

接種までの流れは、ワクチン接種いつから?

ワクチン接種の流れは

①市町村からクーポンを受けとる

クーポンを受け取ったら、予約→接種会場→問診票、医師の予診、接種

福岡県の接種会場は、密を避け場所が必要となり体育館などの場所での接種となりそうである

まずは、高齢者医療従事者などから接種となりそうである。

ワクチン接種Q&A

高島市長は、ワクチンは気希望の光だとし

最も早い形で市民に生きわたるよう接種を進めていきたいとしている。

ワクチン接種を2月末から医療従事者を対象にはじめ65歳高齢者、基礎疾患のある方そしてそ以外の方の接種として進んで行きそうである。

福岡市のLINE Fukuokaは、LINEを使った接種予約システムを2月から自治体に提供すると発表

接種場所は、住民票のある医療機関や、接種会場となる。

LINE」を使った新型コロナワクチン接種の予約は、住民が、まず自治体の公式アカウントと「友だち登録」します。

その後、通知されるワクチン接種用の「クーポン番号」や「希望会場」を入力すると、カレンダーが表示され接種会場の空き時間の確認や予約ができる仕組みです。

LINE Fukuokaは、自治体が住民から電話などでワクチン接種の予約を受け付ける場合も担当者が希望会場や時間を入力することで情報を一元管理できるとしています。

福岡県医療従事者に先行接種始まる

福岡県でも新型コロナウィルスワクチン接種が医療従事者に先行接種が始まった。

2月19日福岡市の九州がんセンターを皮切りに、医療従事者への接種始まる。

非正規雇用、パート、アルバイトコロナ休業支援金、申請期限延長