福岡タワーでは春恒例桜イルミネーションを点灯Sakuraイルミネーション

福岡タワー桜イルミネーション2024

福岡タワーの桜イルミネーションは毎年3月中旬から4月上旬にかけて開催される人気のイベント

福岡タワーの春:桜イルミネーション
福岡タワーは、福岡市のランドマークとして知られ、その美しいイルミネーションが年間を通じて多くの観光客を引きつけています。特に春には、桜の花びらが灯る「Sakuraイルミネーション」が開催され、タワー全体が桜色に染まります。

2024年福岡城に幻の天守閣限定公開ライトアップ復活!福岡城さくらまつり2024イベント情報!

2024年福岡城に幻の天守閣限定公開ライトアップ復活!福岡城さくらまつり2024イベント情報!
2024年福岡城に幻の天守閣限定公開ライトアップ 福岡市は、観光誘客を目的に、福岡城跡の「幻の天守閣」をイメージしたライトアップを初めて行うと発表。 ※「福岡城さくらまつり」の会期延長が決定しました。 特別有料ライトアップ ⇒プラリーPre...

イルミネーションの特徴
福岡タワーの「Sakuraイルミネーション」は、塔体に桜の花びらが灯り、タワー前の広場の街路樹には、桜色に電飾が灯ります。このイルミネーションは、春の訪れを祝い、訪れる人々に感動と喜びを提供します。

開催期間
過去の情報によると、福岡タワーの「Sakuraイルミネーション」は4月16日まで実施されていました

まとめ
福岡タワーの「Sakuraイルミネーション」は、春の訪れを祝う美しいイベント

福岡タワーの桜イルミネーションは、昼間の桜とはまた違った美しさをお楽しみいただけます。福岡の春の訪れを感じられるスポット

福岡タワーイベント

福岡タワーは、福岡市のランドマークとして知られ、その美しいイルミネーションが年間を通じて多くの観光客を引きつけています。

建設の背景
福岡タワーは、1989年に行われた「アジア太平洋博覧会」通称「よかトピア」に合わせて建設されました。この博覧会は、その当時は海だった百道浜および地行浜一帯を埋め立てて開催されました。福岡タワーは、この博覧会のシンボルとなる施設でした。

影響と利用
福岡市上空は航空路となっていることもあり、高層建造物の建設が認可されていなかったが、福岡タワーの建設により、その後16階建て以上の建造物も認められるようになり、現在のタワーマンションの建築ラッシュに活路を開いた。また、「よかトピア」終了後は、福岡タワーはNHK福岡放送局をはじめ、RKB、FBS、TNCの福岡基幹局送信設備として利用されています。

福岡タワーの特徴
福岡タワーの高さは234mで、日本で1番高い海浜タワーでもあります。1989年のアジア太平洋博覧会(通称:よかトピア)に合わせてそのモニュメントとして、また福岡市政100周年のシンボルとして建設されました。最上階の展望室はエレベーターで約70秒・高さ123mの場所にあり、展望室から福岡市の市街地を一望することができます。

最新情報は公式WEBで確認

△福岡・九州の魅力を余すところなく発信する情報サイトです。 グルメ、イベント、観光スポット、穴場情報まで地元民だからこそ知っているディープな福岡・九州をお届けします。▽