福岡県新型コロナウィルス感染拡大

福岡県では連日800人~1000人を超える新型コロナウィルス感染が発表される中。
新型コロナウィルスの影響で冷泉町の旅館「鹿島本館」が解体された。

歴史あるものが福岡市から消える事に。
各地で様々な影響が出ている新型コロナウィルス感染拡大。

8月26日は県内の新型コロナウィルス感染者は992人の見込みとなる模様。

妊婦などを対象にワクチン接種会場

新型コロナウィルス感染で妊婦の痛ましい事故が発生。
福岡県でも妊婦などを対象に、新型コロナウィルスワクチン接種会場が設けられる。

福岡県妊婦など対象の接種会場
画像出典元
NHK

福岡市ワクチン接種7月12日~から年齢別予約開始 9月接種手順

新たにワクチンの接種会場が開設されるのは、福岡市、北九州市、久留米市、直方市、春日市、宗像市、みやま市、粕屋町、桂川町の商業施設や体育館など県内9か所です。
対象は、16歳以上の妊婦のほか、接種がまだ十分進んでいない16歳から39歳の保育士や教職員、それに不特定多数の人と接する飲食店や宿泊施設の従業員などです。

福岡市新型コロナウィルスワクチン6万回分増枠予約始まる

あわせて読みたい記事