福岡県緊急事態宣言解除か?

福岡県緊急事態宣言が、期限前倒しで解除か?

大阪、兵庫、京都が緊急事態宣言解除を国に要請

3月7日までなる緊急事態宣言では、新規の陽性者や重傷者、病床稼働で見極める必要がありそうである。

福岡県でも新型コロナウィルス感染者の減少見られる状況で、緊急事態宣言解除までもう少しまで来ている。

福岡県緊急事態宣言解除条件

緊急事態宣言が延長となった福岡県

九州の往来が多い福岡では、他県に感染の影響もさることながら

福岡自体でも感染者が増加した。

緊急事態宣言解除の基準は?

 

2つの判断基準を設けて、解除要請を国に要請する

①1週間の新規感染者が、180人未満である事

②病床使用率が50パーセントを切る事

 

①に関しては、2月22日現在21日連続で基準をクリア

②現在病床760の使用率は、51.1%となっている

ここをクリアできれば、国に要請を出す福岡県だが、緊急事態宣言解除で人が往来が再び戻った場合

専門家は感染者が再び、増加するリバウンド現象が起きる可能性は否めないとしている。

 

このままの状態が継続出来れば、福岡県が定める基準クリアは時間の問題となる。

県民にとって解除か?継続か?

あわせて読みたい記事