隠れすぎた隠れ家イタリアンでパスタを舌鼓

高砂のマンションや住宅が立ち並ぶ

路地裏にひっそりと佇むイタリア料理

イタリアンイメージ
イタリアンイメージ

土地勘のある人でも、若干迷うほどの

隠れっぷりのお店。

 

一軒家を改装しており

玄関先には手入れされた植栽や

仄かに灯された証明が

隠れ家感を演出している。

 

店内はシンプルかつカジュアルで

木床と漆喰調の壁が趣深く

人も内装もアットホームな雰囲気。

 

名店で研鑽を積んだオーナーシェフが振るう

本格イタリアンがリーズナブルかつ

カジュアルに楽しめる。

 

食事のメニューが充実しており

目移りしてしまうほど。

糸島豚のサルシッチャ(自家製ソーセージ)や

トリッパの煮込みなど

ワインに合うメニューが豊富だ。

 

その中でもおすすめしたいのが

アマトリチャーナ(トマトソースのパスタ)

パンチェッタ(塩漬けした豚バラ肉)と

玉ねぎを使ったトマトソースパスタで

仕上げにペコリーノロマーノチーズを使用。

外見は白色で円柱形の硬質チーズ。硬質チーズのなかでは比較的やわらかい。

ペコリーノとはヒツジの乳から作ったチーズのことで、独特の風味と旨味がある。ロマーノとはこのチーズが元々ローマ近郊で伝統的に作られていたために名付けられた。出典ウキペディア

 

 

 

日本の一般的なイタリアンで食べるアマトリチャーナは

グラナパダーノ(比較的安価な粉チーズ)を

使用している店が多い中

 

 

本場のレシピと地元福岡の食材で

オステリア リンダでしか食べられない味を

提供してくれる。

細めで絶妙な茹で加減の麺に

玉ねぎの甘みとトマトソースの酸味を

パンチェッタとペコリーノロマーノの塩気で引き締める。

何皿でも食べれる気がしてしまう

絶品パスタだ。

 

食事に特化した酒場

「オステリア」はイタリア語で

居酒屋の意味。

食事の品数もかなり多いが

ドリンクメニューもバラエティー豊富。

勿論ワインが主体のメニュー構成。

イタリア産・フランス産のボトルワインが

2800円から数十種類。

グラスワインは600円から。

 

ビール・リキュール・ベルモット・

ウィスキー・カクテル等の

メニューもあり

カウンターの席数が多いので

BAR利用の客も多い。

 

飲酒のみの利用のつもりで

カウンター席に座ると

目の前の調理風景に

思わず食事もがっつり注文してしまう。

 

全席喫煙可能なので

タバコを吸いながら飲酒出来るが

食事を楽しむ客が多い店なので

マナーと気遣いが必要。

 

【お店の場所】

「オステリア リンダ」
住所 : 福岡市中央区高砂2丁目14-4
(西鉄平尾駅より徒歩10分)

電話 : 092-534-3891
営業時間 : 18:00〜3:00(LO 2:00)
定休日 : 火曜日