歌手 八代亜紀さんに熊本県民栄誉賞

八代亜紀さん
熊本県民栄誉賞受賞と八代市は名誉市民称号
八代亜紀さんは、日本を代表する歌手として活躍し、「舟唄」や「雨の慕情」など数々の名曲を世に送り出しました。また、画家としても活動し、フランスの国際的な美術展「ル・サロン」で5年連続入賞を果たしました。地元の八代市では自身の名前を冠した絵画コンクールを定期的に開催し、地域づくりや文化振興にも貢献しました。

さらに、熊本地震や令和2年7月豪雨災害では被災地を何度も訪れ、被災者を慰問し、災害支援に熱心に取り組みました。これらの功績を讃え、熊本県から「県民栄誉賞」、八代市から「八代市名誉市民」の称号が贈られました。

八代亜紀さんの長年の功績は、国民的規模での敬愛と感動を与え、県民の大きな誇りとなるものです。彼女の業績は、私たちが彼女を敬愛し、感動する理由です。
熊本県は、国民的規模での敬愛と感動を与えたなどとして八代さんに県民栄誉賞を贈ることを明らかにした。

歌手 八代亜紀さんに熊本県民栄誉賞敬愛と感動その功績
八代亜紀さんに熊本県民栄誉賞、八代市は名誉市民称号

熊本県民栄誉賞

受賞者 業績
山下泰裕 ロサンゼルスオリンピック柔道無差別級で金メダルを獲得し、世界柔道選手権3連覇、全日本柔道選手権8連覇を達成した柔道家
蟻田功 WHO(世界保健機関)の局員として、南米、アジア、アフリカの国々を頻繁に訪問し、人類の恐怖であった天然痘の根絶に貢献した医学者
末續慎吾 世界陸上選手権パリ大会男子200mで銅メダルを獲得し、短距離種目で日本人初のメダル獲得を果たした陸上短距離選手
チャーリー永谷 50年にわたり、国内外においてカントリーミュージック一筋に音楽活動を展開し、日米文化交流や熊本の情報発信等に貢献したカントリー・ミュージック歌手
八代亜紀 日本を代表する歌手として活躍し、「舟唄」や「雨の慕情」など数々の名曲を世に送り出し、画家としても活動し、フランスの国際的な美術展「ル・サロン」で5年連続入賞を果たした歌手

九州イベント 2024年千本桜展2.0~桜京の夢~開催情報! 夜間特別展示 初音ミクイベント熊本で開催

関連