佐賀インターナショナル バルーンフェスタ2022開催

2022年佐賀でバルーンフェスタが開催される。バルーンフェスタは有観客で開催。
九州イベントバルーンフェスタが開催!

国際的なバルーンフェスタとなる大会は、80万人の来場者が訪れる人気のイベントとなる。
2022年は国内大会で海外選手の受け入れは行わないと発表。
参加機数は95機を予定。

2022年 佐賀インターナショナル バルーンフェスタ
画像出典元
2022年 佐賀インターナショナル バルーンフェスタ

バルーンフェスタの入場料は無料。
会場は佐賀市嘉瀬川河川敷となる。

佐賀インターナショナル バルーンフェスタ
〒840-0861 佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷
会場周辺は有料駐車場が設けてあるが混雑が予想される。

佐賀インターナショナル バルーンフェスタ開催期間

2022年11月1日~11月7日の7日間

バルーン競技 = 11月2日(水)〜11月6日(日) 5日間

11月2日(水)〜6日(日) 競技飛行
6日(日)午後は「キー・グラブ・レース」
11月5日(土)・6日(日)夜 夜間係留「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」
11月7日(月) 表彰式

① 競技部門=60機程度(国内のみ)
「第35回パシフィック・カップ」「第38回熱気球日本選手権」「2022熱気球ホンダグランプリ第4戦」
② フェスタ部門=15機程度
③ バルーンファンタジア10機程度
④ オフィシャルバルーン

「バルーンファンタジア2022」
「第35回パシフィック・カップ」
「第38回熱気球日本選手権」
「2022熱気球ホンダグランプリ第4戦」

①競技運営方法について オブザーバー(競技記録役員)を配置せず、熱気球競技用GPSロガーを使用
②ボランティア募集について 競技参加の海外チームの参加がないため、競技ドライバー・競技クルーの募集なし

迷子センタースタッフ・総務班スタッフは有観客での開催決定後(7月以降)、募集内容をお知らせします。

③今後の状況変化 新型コロナウィルス感染の状況で大会運営の変更も。

バルーンフェスタについて、概要や魅力を「Q&A」

会場内臨時駐車場や周辺駐車場、サテライト駐車場等の情報は公式サイト内の「会場駐車場案内」やtwitterにて更新

佐賀バルーンフェスタ公式サイト

九州 夏イベント佐賀市の夏の風物詩 2022年佐賀城下栄の国まつり開催 花火大会は?